アーブスクールジャパン

講座参加手引き

「Erv outfitters and guides school」 アーブアウトフィッターズ&ガイズスクールは「羆撃ち」久保俊治が若き日に学んだ、Erv Marnarich(アーブ マルナリッチ)校長による、モンタナ州ハミルトンにあったハンティングガイドスクールです。アウトフィッターというのは、いわゆるガイドの元締め的な存在です。

通常、アメリカではクライアント(ハンティング行きたい人)からアウトフィッターに依頼をし、アウトフィッターから各ガイドに仕事が割り振られます。

日本でも本格的なハンティングスクールを立ち上げ、本物の猟師を育てたい。という想いから、羆撃ち:久保俊治(校長)、罠/網、猟師:千松信也、職業猟師:瀬戸祐介の3名によって、より日本のフィールドに合ったカリキュラムで構成した「アーブスクール ジャパン」が2018年4月より開校しました。

アーブスクールジャパンでは、「講座中の食事は焚火で自炊、宿泊は野営」を基本方針としています。通常の日本の巻狩りや罠猟では、これらのスキルはあまり必要ではありませんが、久保俊治校長の「単独で山中に入り、何日も野営しながらヒグマを追跡し、仕留める」という狩猟スタイルには必須の技術です。また、野外で野営や調理を経験することは、幅広く自然の中で生きることについて学ぶことにもつながります。

また、講座中は集団での行動になりますが、参加者には「各自が一人で山に入り、なんでも一人で出来るようになってもらう」というのも講座の目的のひとつとしています。焚火をし、米を炊いて、獣肉や現地調達した食材を調理して食うために自分が必要だと思う道具・装備を持参してもらいます。誰かがご飯や宿の用意をしてくれるわけでは決してありません

※そのうえで未経験でもまったく問題ありません。講師・スタッフが当日はしっかりとフォローしますし、事前の質問も歓迎です。「自分が何ができて何ができないのか」をしっかりと把握することも大切です。

1.食事

 食材は、最低限の獣肉はこちらで用意しますが、あとは現地調達した食材を食べます(季節ごとに山菜、木の実、魚、きのこなど)。お米、調味料、非常食は必要に応じて各自で用意してもらいます。

 調理は基本的に焚火で行いますが、ガスや灯油を使ったストーブ・コンロなどを持参するのは問題ありません。飯盒、コッヘル、鍋等の調理器具や食器は各自で持参してもらいます。

 「獲物が捕れない時は飢えてひもじい思いをする」ということも良い経験ですので、必要以上に豪華な食材の持ち込みは禁止です。

2.宿泊

 基本的には各自でテントを張っての野営となります。フィールドの状況に応じて、個別テントが危険だと判断される場合には、木枠にシートなどを掛けた仮設テントに集団野営する場合もあります。講座が行われる時期・地域の気候に合わせた野営道具(テント、シェラフ)が必要です。また、ヘッドライトなどの照明器具も必要です。

3.写真撮影及び情報発信

講座中の参加者による動画撮影は全面禁止となっています。また、講義中は写真の撮影も原則禁止です。写真や動画に撮っておいて、「あとで見直そう」と考えるのではなく、その場でしっかりと自分の目に焼き付けて下さい。また、アーブスクールの講座は、野生動物がすぐそばに生息する森のなかで行われます。撮影などに気を取られていると、周囲への気配りなども疎かになってしまいます。

次に、情報発信に関してですが、ブログやSNSなどでの「アーブスクールに参加してきました」というような発信は特に問題ありませんが、講座はあくまでも自分自身のために学ぶ場であるということを第一に考え、情報発信ありきの姿勢ではいけません。

4.その他

・調理、工作、薪づくりなどを考えると、ナイフは必須、ノコギリもあると便利です。他にも自分が必要だと思う道具は自分の判断で持参してもらいます。

・各講座内容に沿った道具を持参してもらいます。これは各講座ごとに説明があります。

・自分が出したゴミは必ず各自で持ち帰りです。全体のゴミ箱は設置しません。

・季節によっては、フィールドにはヤマビル、マダニ、ブヨ、ヌカカ、アブなどの虫が多数生息している場合があります。必要に応じた対策を各自で行ってもらいます。

アーブスクールジャパン心得

1,見て覚えれ!

2,自分の事は自分でする

3,自然とすべての野生動物に敬意を払うこと

※何かのサービスを提供する場ではありません。

何もない自然の中で生きていけるように、当人を鍛えることが当スクールの 趣旨です。

講師一同。皆様にお会いできる日を楽しみにしております。